2016年08月28日

茶房 雲母(さぼう きらら) 鎌倉ではずせない 幸せの特大白玉あんみつ

パワスポひしめく鎌倉

鎌倉駅の西口 小町通り側から反対側は

新しいお店が出来ている注目エリア

鎌倉はココロを優しい気分にしてくれますね〜

今回は ご利益がある 「銭洗弁天」に向かう途中の

静かな住宅街に立つ 一軒家を改装した甘味処

【茶房雲母(さぼうきらら)】さんに行きました〜
kirara000.jpg

こちらは平日でも行列が絶えない人気甘味処

女性を中心にグループ連れや地元の方と観光客で
kirara002.jpg
いつも賑わっている人気店で....




もちもちの 特大 手作り白玉

提供してくれるお店なんですよ〜

いつ来ても並んでますが..  並んででも食べた〜い
kirara003.jpg
こちらの白玉に魅せられ、リピーターが多いのも特長です

メニューはあんみつやお汁粉など昔ながらの甘味が豊富
(季節限定も気になりますね〜
kirara menu02.jpg

こちらのお店の人気メニューは出来たての

特大の白玉が入った「白玉あんみつ」
kirara menu01.jpg

白玉は毎回、オーダーを受けてから作られるので

茹で上がるまでに少し時間が掛かりますが
shiratama ujimaltucya annmitsui mae1.jpg
待ち時間には箸休めのお漬物とお茶を楽しみながら待ちま〜す
shiratama ujimaltucya annmitsui mae.jpg
(一膳ずつ季節の花が添えられて出てくる演出は古都の雰囲気)



はじめにオーダーしたのは 白玉の味を最も感じられる

定番 白玉あんみつ

siratama anmitsu01.jpg
白玉あんみつ(750円)

白玉は中がほんのり温かくて 5個も入っていま〜す
siratama anmitsu05.jpg

ゴルフボールほどの大きな白玉は、もちもちとした食感で

弾力があり、柔らかくて かなり食べ応えがありますよ〜
(お腹を空かして行った方がイイかも
siratama anmitsu04.jpg

中央の北海道産小豆のこしあんや弾力のある求肥

爽やかなミカン、サクランボなどと

黒みつをかけて一緒に食べれば また格別ですね〜
siratama anmitsu03.jpg




次にオーダーしたのは茶房雲母の一番人気メニュー

宇治抹茶白玉あんみつ

uji siratama anmitsu01.jpg
宇治抹茶白玉あんみつ(750円)

抹茶好きにはたまらない逸品で特大の白玉1個と抹茶白玉が4個も

入っていてこちらもボリューミー
uji siratama anmitsu02.jpg

宇治白玉は宇治抹茶をていねいに粉末状にして

練り込んであるから、風味が豊かなのもイイですね〜
uji siratama anmitsu05.jpg

苦味と甘味のバランスが良い 特製抹茶シロップをかければ
uji siratama anmitsu03.jpg

口の中でふわっと広がる幸せの和スイーツに...

甘味好きが通うのがわかる逸品に出会いました〜(大満足)

最後は口直しの昆布茶までついているので コスパはバツグン

次回は季節で違うメニューを楽しみたいですね〜

貴方も古都の奥深さをもとめて鎌倉へ足を運んでみてはいかがですか?
(行列覚悟でオープン前に行動すれば、良いご利益があるかも)

店名: 茶房雲母(さぼう きらら)
住所: 神奈川県鎌倉市御成町16-7
アクセス: JR横須賀線 江ノ島電鉄「鎌倉駅」西口から徒歩10分
営業時間:平日 11:00〜18:00 土日祝 10:30〜18:0
0


にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 スイーツブログ スイーツ食べ歩きへ
にほんブログ村




鎌倉通のマストBook

ジョージ・カックルの鎌倉ガイド




鎌倉を持ち歩く必須アイテム

トリコガイド 鎌倉 2016-2017【電子書籍】




Hanako(ハナコ)2016年6/23号(鎌倉の新名所)




posted by mutotsu`S at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 和洋スイーツざんまい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441426889
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック